2006年11月17日

映画「ダ・ヴィンチ・コード」



あのベストセラー小説が遂に映画化ということで楽しみにしていたんやけど、映し出されているルーブル美術館は夜中やから暗すぎてよく分からないし、ストーリーは原作が長すぎたせいか端折ってるしで、イマイチな出来。
というか、メインの殺人事件の黒幕の登場が早すぎっ。
原作がめちゃくちゃ面白かっただけに残念な映画になってしまってるな。

posted by ひ〜やん at 19:18 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観たDVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。